Monthly Archives: 7月 2014

購入するべきか、購入しなくてよいか

今、すっごく悩んでいること。

それは・・・『ベビーカーを購入するかしないか』!

上の子の時は購入しなかったんだよね。

基本、車による移動だからベビーカーはいらないって思ったし、

スーパーやショッピングモールに行けばかならずベビーカーがあったから

必要なかったんだよね。

必要なかったから二人目を妊娠中のときもベビーカーを買う気持ちはさらさら無くて、

”抱っこひもでなんとかなるでしょ”って思ってた。

でも、二人目が生まれたら実は必要なのではないかと思いはじめた・・・。

赤ちゃんのための大荷物を持ちながら抱っこひもに下の子を入れて、

ウロチョロしちゃう3歳の上の子をみながら外出。

これが本当に大変!!

3歳を追い掛け回したくて、下の子を抱っこしているから

上手に追いかけられないし、重いから私の体力もかなり消耗されていく(汗)

それから上の子は毎日、下の子のためにいろいろと我慢しているのに

外出先でもさらに我慢しなきゃならないから最近イライラ感が出てる気がする。

特に幼稚園のイベントのときは下の子を常に抱っこしていると

何にもできないんだよね。

上の子は一緒にダンスしたり抱っこして欲しいのに

下の子が抱っこひもにいるからできない・・・。

おんぶできる月齢になれば、上の子をかまってあげる範囲が増えるけど

その月齢がまだまだ先・・・。

だから、買おうかなとも思うんだけど、だけど・・・

どケチ根性が出てしまって買えない!

数カ月もすればおんぶができちゃうんだよ!

その数カ月のために数万円もするベビーカーを買うのって勿体ないなんて思ってしまって・・・

今月はご祝儀とか医療費とかいろんな出費があったし・・・

最悪な母だ(笑)

誰のために何のために購入するのか、もう少し考えたいと思います。

お値段にも反映されて

社会面のニュース、きっちり読むことはあまりないのですけど。

趣味期限表示のある食品「食品ロス削減」や「賞味期限の見直し」についての書き込みがあり、生活関連なのでチェックしてみました。

日本だけではない、世界中で毎年総生産されている内の30%ちょっとは食品ロスと言われ、処分されるのだという。

こういう大まかな数字は分かりにくいもの、国内で処分される年間1700万トンのうち食べることが可能とされるものの量は500~800万トンにもなるという。

食しても良いくらいということは、賞味期限になってないということですね、賞味期限まで3日としてそれが1日となると店頭の棚から片ずけられるのだそうです。

勿体ないともいえるし、そいった物があったら買うかどうかと言われればそれも微妙なものだと思う。

衛生面でのことが向上しているし、買う側もそういったことには繊細な感覚をもっていますよね。

真空パックの加工品などで、買ったその日に食べきるくらいの分量でお値安くなっていればそれもありかも。

処分するにも多額なお金費やす、多分そいうった部分も価格設定するときに考慮されてますね、期限っていうの食品によっても感覚は異なりますね。

通販のような感覚

液晶モニターのボタンを押すだけ、洋服のフィッティングを画面でチェックすることができるという目新しい試みができたそうです。

感覚としてはネットショッピングで洋服選びをしているようなもの、ネットではフィッティング画像まではないけれど。

通常の店舗みたい、フロアーに並べてあるというのでもなく、液晶モニターの雰囲気がよければ直接ふれることなく販売員さんもいない状態で短時間のお買いものができるとあった。こういう新しい形での販売、20前後くらいの年代なら試してみたくなりそうなもの、ヴァーチャル・フィッティングル-ムの名称がアルファベットで表示されていた。

洋服選びとなると生地の質感などを手元で見てから購入したいというのもあるし、この液晶モニターでのフィッティングの具合がどれ位のものかという点で正確さが気になります。話題のひとつとしてとか、お試し感覚なら1,000円程度のカジュアルものでもあれば新し物好きさんにウケそうだねと思った。

Loading...
X